包茎手術の術後はどんな感じ?痛い?オナニーはいつからできるの?

お勧め包茎手術クリニック

最安!3万円からの包茎手術

\ネット事前予約でさらに30%OFF!

包茎手術後に痛みがどれだけ長引くか気になる人は多いでしょう。

また、オナニーしても良いタイミングはどうなのか、どうしたら治りが悪くなってしまうのかも気になってしまうと思います。包茎手術後の痛みやオナニーしても良いタイミングについて解説します。

男性にとって「包茎手術」は他人事ではないでしょう。しかし、誰もが気になるのが「手術後、痛みはどれだけ続くのか?」「手術後、いつになったら『オナニー』しても良いのか?」といった点だと思います。

この記事の目次
  • 包茎手術後の痛みのピーク
  • 包茎手術後にオナニーして良いタイミング
  • 包茎手術後に注意すべきポイント
  • 後悔しないための病院選び

これから包茎手術を受けることを検討している人にとって役立つ情報を集めてみました。ぜひ参考にして、手術を受けるかどうかをご検討ください。

包茎手術後の痛みは?

包茎手術は体を傷つけるため、当然ながら痛みが生じます。ただし、手術中は直前の麻酔の効果によって痛みを感じることはほとんどありません。問題なのは、手術後に麻酔が切れた後の話です。

 

包茎手術後、医師から「痛み止め」が処方されているはずなので、それを使って痛みを軽減します。包茎手術後の痛み方は個人差がありますが、手術後数時間が痛みのピークであるといわれています。

 

痛みを最大減軽減するためには、痛む前に痛み止めを飲んでおくことです。痛み出してから痛み止めを飲んでも、効き目が表れるまでには多少の時間が必要になり、その間は強い痛みに襲われることになります。できれば、麻酔が切れて痛み出す前の段階で痛み止めを飲んでおくことをオススメします。

 

その後の痛み方は、個人差が大きいですが、そのほかの要素も関与してきます。例えば「手術後の包帯の巻き方」や「抜歯までのセルフケア」などが関わってきます。医師から指示されている方法を遵守して、痛みが強くならないように正しいセルフケアを実施してください。

ポイント

痛みには個人差があります。痛みが強く表れるのであれば病院で診てもらってください。

包茎手術後にオナニーして良いタイミング

包茎手術後に「オナニー」したくなる気持ちはよくわかります。しかし、手術後の経過を良好にするためにも、オナニーを再開するタイミングには十分注意する必要があります。

 

包茎手術後にオナニーして良いタイミングは、手術後の経過によって個人差がありますが、基本的に「抜糸するまで」はオナニーすることは禁止です。抜糸するまでにオナニーしても痛みや違和感バリバリですし、何より手術後の状態が悪化してしまいます。抜糸するまでは絶対にオナニーしないでください。

 

では、抜歯すればオナニーしても良いのかといえば、そうとも限りません。手術後の経過は個人差があり、抜歯してもあまり状態が良くない人もいます。医師により抜糸してもらう場合には、担当の医師にオナニーしても良いタイミングを聞いてください。

 

問題なのは「医師が抜糸しない場合」です。最近では自然に溶ける糸を使った包茎手術も多く、この場合だと医師による抜糸を必要としません。目安としては手術後3週間程度が経過すれば大丈夫だと思いますが、できる限り担当の医師のアドバイスを受けることをオススメします。

ポイント

禁欲は辛いものですが、我慢できなければ後悔する確率が高くなります。最低限、抜糸するまでは我慢してください。

包茎手術後に注意すべきポイントと病院選び

包茎手術後の状態を良好にし、できるだけ早く禁欲を解消するためには、包茎手術後の「セルフケア」が重要です。いかに適切なセルフケアを実施できるかどうかで、手術後の状態を左右するといっても過言ではありません。

 

基本的に、担当の医師から指示されたセルフケアを遵守して実行することが必要です。飲酒やバスタブに浸かっての入浴は血流を良くして手術後のペニスに負担がかかりますので避けてください。入浴は、ペニスをビニール袋等で保護してシャワーを浴びる程度であれば問題ないでしょう。

 

適切なセルフケアができていないと、痛みが再発したり傷口が開いて再び手術を受けなければならなくなる可能性が出てきます。また、包帯を巻きなおす場合の巻き方次第でペニスが変形を起こしてしまう可能性も考えられます。

 

できれば、手術後2~3日の休みを確保しておくことをオススメします。手術の翌日に仕事に行けなくもないのですが、違和感や痛みで仕事どころではない可能性が高いのです。例えば土日が休みであれば、金曜日の退勤後に手術を受ければ、休みは最低限で済むでしょう。

 

また、後悔しない包茎手術のためには「病院選び」も重要なポイントになります。包茎手術の経験が豊富な病院であれば、手術後のトラブルを高い確率で避けられるでしょう。経験が浅かったり、専門医が在籍していない病院で包茎手術を受けると、失敗のリスクが高くなってしまいます。

ポイント

手術後のセルフケアは、痛みを軽減するためにも重要なことです。医師から指示された内容を遵守してケアを行ってください

 

まとめ

最後に、この記事で解説したことについておさらいしておきましょう。

おさらい

  1. 包茎手術後の痛みのピークは数時間、ただし個人差がある
  2. 抜糸するまではオナニーは控える
  3. 医師に指示されたセルフケアを遵守、休みは数日確保しておくことをオススメ
  4. 包茎手術の経験が多い病院を選ぶ

包茎手術は小さくない覚悟が必要となります。しかし、手術後の痛みなどのトラブルは回避する方法が数多く存在しますので、それらをしっかりと理解して実施すれば手術後のリスクは大幅に下げられるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA